化粧Cafe

化粧をお風呂で落として一日をリセット

Free Template

化粧というのは、仕事をしているとマナーとして必須のものともいえるでしょう。しっかりと化粧をして一日頑張って帰ってきた後は、すぐに休みたいものですが顔を洗う必要もあります。化粧を落とすときはお風呂で落とすか洗面台で落とすかなど、人によって変わってきますが、どちらにしても、ゴシゴシとこすらないように落としていきましょう。ゴシゴシと洗ってしまっては、肌にも負担になってしまいます。
目や唇などは、専用のメイク落としを使用していくと落としやすいといえますので、コットンに適量をつけて、優しく押しながら落としていきます。こちらもこすらないように気を付ける必要があります。これらのポイントメイクを落としてから、顔のメイクを落としていきます。メイク落としは液体やふき取りのタイプなど、いろいろありますので、自分に適したものを選ぶといいでしょう。クレンジング剤などだと、手に取ってから少し温めて使うようにし、顎や頬に少しずつつけて指の腹で伸ばしていきます。その後ティッシュなどで優しくふき取りましょう。このときも、こすらないように注意が必要ですし、鼻の周辺はクレンジング剤が取れにくいので、取れているかをよく確かめておきましょう。洗い流すときは、熱めのお湯ではなく、少しぬるめのお湯の方がいいといえます。洗うときもこすらないように、優しくすすいでいきます。ふき取るタイプのクレンジング剤であれば、コットンで優しく取っていきましょう。このときは、コットンは濡れたものを使うと取れやすいです。取れないからといって、強く拭いたりしないように気を付けることが大切です。
メイク落としは自分に合ったものを選ぶようにしましょう。肌に合わないと思ったら、すぐに使うのをやめた方がいいです。他の人がいいというメイク落としでも、自分に合うかどうかは分かりませんし、肌が弱い人は特に注意が必要です。
1日のリセットを気持ちよくするためにも、正しくメイクを落としていきましょう。


管理人愛用サイト