化粧Cafe

化粧をしながら、今日の私をオンにする

Free Template

ずっと昔から化粧は女の一日の始まりです、そしてメイクアップと訳されるように自分をアップする事が一番の理由です。
ファウンデーションや口紅も大切ですが、まずは基礎はお肌作りが何より一番大切です、毎朝起きて洗顔をしますが、夏の暑い日には水道の冷たい水でパシャパシャと水の冷たさでお肌を目覚めさせて、そして寒い冬の朝には生ぬるい程度のお湯でやさしくゆっくりと洗顔をします、その時に応じた洗顔料を用意して使用しています、そしてお肌作りの一番のポイントであるローションの使い方をご紹介します、朝洗顔後に鏡をのぞいてみてちょっとむくんでいたら、アストリンゼント系の引き締めタイプのローションのコットンで思いっきりお肌をパッティングちょっとアルコールの入っている化粧水もオススメです、清涼感がむくみを引き締めてさっぱりと爽快にしてくれる効果があります。
また春先とか寒い冬の朝など乾燥ぎみの時にはしっとりもっちり系のローションを手のひらにとって軽くゆっくり肌に押し当てるように何度も繰り返し押し込むようにやさしくのばします、そうすると顔の筋肉が押される事によるストレッチ効果でやわらぎ温まります、お肌があたたまるとローションの効果も高まり乾燥したお肌にはとても良いです、生理中や仕事が上手くいかないときや多忙で時間がなく気分が落ち込む時にはローズウォーターやハーブを使ったローションを使います、香りは安心感ややすらぎで気分を満たしてくれます、コットン4枚にたっぷりとその時に気に入った香りをコットンを含ませて、おでこに一枚・右頬と左頬とそれぞれ一枚・あごにも一枚と目を閉じてベッドでゆっくり約10分パックをします、香りに包まれながら何も考えずしばしの間の瞑想です、生理中には高ぶった神経を静めてくれる作用があると言われているラベンダーなどもおすすめします、そうしてローションを数本使う事によって体調に応じたお肌の管理ができます。


管理人愛用サイト